2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 竹原市長の『情報』伝達とこれに共感した市民の成果 | トップページ | Nさんからの電話 その3 忘れられないこと »

2009年3月31日 (火)

『しがらみ』を理由に?

 山田勝議員さんのブログを拝見しました。きっと、すごく盛り上がったんだろうなぁと、想像します。うーん。傍聴したかったです(ひとり会派なので、傍聴は得意ですからね)。また、予定になかったアンケート調査をした「発想豊かな議員」がいると言うことも分かりました。

 しかし、気になるのは、『全員協議会での新人議員の対話集会に前向きな発言に新しい議会になることを期待したいが新人議員も夫々のしがらみにとらわれなくてはならない事が残念な事である。』という部分です。選挙が終わって、議員になって数日で、もう・・・ですか?

 約2年前、私が当選した当初、大きくなるであろう会派から「会派入会のお誘い」もありましたが、状況がよく分からない中で会派に入るより、一期の議員だけで会派を組もうか、という動きもありました。しかし、『しがらみ』を理由に、一人抜け、二人抜け・・・。結局は「キャスティングボードを握れない」と訳の分からないことを言って抜け、皆さんそれぞれ会派に入って行かれました。

 『しがらみ』を理由にする議員は、ずっと『しがらみ』にとらわれているように見えます。そして、議会の中での発言や賛否に至るまで『しがらみ』に囚われ続けます。

 『しがらみ』のない人が存在するとは思えません。『しがらみ』があっても、それ以上の「おもい」があって、立候補したと思います。選挙は自分を応援してくれる身近な人に、身近になればなるほど、応援してくれればしてくれる人ほどに、心労と迷惑と苦労と・・・本当に申し訳ないくらい苦労をかけてしまうモノです。そういうことをしてまで、選挙を戦ったのに、『しがらみ』があると他人のせいにして、発言や行動ができなくなるのは、応援してくれた方々、身近な方々、そして自分自身への背信行為だと思います。

 なんだか、とても悲しい気持ちになったので・・・寝ます。(4:35am)

« 竹原市長の『情報』伝達とこれに共感した市民の成果 | トップページ | Nさんからの電話 その3 忘れられないこと »

未分類」カテゴリの記事