2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 阿久根レポート 再会 | トップページ | 阿久根評判(1) »

2009年5月14日 (木)

阿久根評判 (2)

 竹原さんには、覚醒した市民の力によって、圧勝してほしい。そうすれば、今の阿久根の議会をも変えることができるかもしれない。そうすれば、市民のための自治が市民によって実現できると思います。

 対抗馬のT氏は毎朝橋の上で旗を持って立っています。彼についての悪い噂は聞きませんでした。竹原陣営の中でも彼のことを悪く言う話は聞いたことがありません。今回の選挙は、表面上は竹原VST氏ではあるけれど、実際は市民VS職員に見えました。あるいは住民自治VS従属社会。

 竹原さんの後援会長さんから、「阿久根評判」という言葉を教えてもらいました。阿久根は昔から中国との交易があり、阿久根では外からの情報を受け入れてきた。そして阿久根から情報を伝えていったといいます。この阿久根から流れる情報を「阿久根評判」というそうです。

 時を隔てて、今、阿久根がどう変貌を遂げるのか、市民はどのような過程を経て覚醒し、覚醒した市民によって住民自治はどのように作られていくのか。阿久根で起きる全ての出来事から目が離せません。現代の「阿久根評判」は私たちの生活、生き方を大いに刺激してくれています。

 感謝。感謝です。私も桐生で、頑張ります。阿久根のみなさん、ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。

 もうひとつ、嬉しかったことを書いちゃおうかな・・・。帰宅すると、5年生の息子が「昨日は母の日だったから」と言って、おやつ(?)に卵焼きを焼いてくれました。ありがとう。槙太郎。おいしかったよ。

« 阿久根レポート 再会 | トップページ | 阿久根評判(1) »

未分類」カテゴリの記事