2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2009年を振り返って(3) | トップページ | 2009年を振り返って(1) »

2009年12月31日 (木)

2009年を振り返って(2)

 こうなってくると、議会の中でも一目置かれるようになり、「あんなこと書いちゃダメだ」「こんなこと書きやがって」と盛り上がりを見せました。

 そんなある日、故近藤議員がやってきて「(百条委員会について)そういう意見もあるだろうが、こういう意見もあるんだよ。こういうことも書いてくれなくちゃ困るんだよ」とおっしゃったので、
「ならば、そういう意見をご自身で書かれたらいかがですか」・・・ということで近藤議員が「さるさる日記」をはじめました。するとその後、同じく「さるさる日記」をはじめる先輩議員や休みがちだったブログを再開する先輩議員などによって、桐生市議会はちょっとしたブログブームになりました。

 そして、全国の目が桐生市議会に向いてきました。そうすると、今まで桐生市議会の中では、多数決とか、大声でうまく議会をまるめてきた先輩議員さん達でしたが、多数決も大声も届かないインターネット世界の中で様々な困難に出会います。これはかなわんと、途中で投げ出す先輩議員さんもいましたが、中立的な立場で書き続ける先輩議員さんもいらっしゃいました。

 いよいよ桐生市議会の実状が見えてくるか・・・というところで、7月11日に近藤議員の「『変死』の自殺(自殺と言い張る警察に、現場の状況などから医者や弁護士の見解も含めて「そんなハズはない」と迫ったときに警察が言った言葉)」事件がわが家の近くで起こりました。 

 どういうことで、警察が自殺扱いするのか、マスコミの報道が皆無なのかは全く想像の域を出ませんが、私は近藤議員は自殺ではないと今でも思っています。あのような亡くなり方をして、最も無念だったのは、近藤議員だと思います。

« 2009年を振り返って(3) | トップページ | 2009年を振り返って(1) »

未分類」カテゴリの記事