2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2009.12.17議会報告 緊急カクハの顛末(4) | トップページ | 2009.12.17議会報告 緊急カクハの顛末(2) »

2009年12月19日 (土)

2009.12.17議会報告 緊急カクハの顛末(3)

まあ良いでしょう・・・ということになって、

幾井議長:庭山議員。

庭山:先ほど小滝委員が、事実確認をすることないと庭山が言っている。問題だというような発言がありましたが、私はこれは議員間のやりとりについて本人確認はしないと言っている。その場合もキチンと資料に基づいて書いています。当局から出される議案については、他の議員諸侯の皆さまと同様に、調査して、勉強して確認した上で書いていますし発言しています。

 市場の件ですが、私は当局担当課に確認に行っています。

 平成21年と22年の2年は無償貸与ですが、その後は無償譲与でタダで株式会社にあげてしまいます。私はこれは「貸与の仮面をかぶった譲与」と判断して発言しています。さらに言わせていただくならば、21年と22年は冷凍冷蔵庫が桐生市の所有ならば、利用者が支払う「利用料」は桐生市に支払われるべきですが、この株式会社に支払われます。私は全くおかしいことだと思います。

幾井議長:そんなことは聞いていない。

小滝委員:補助金は23年から30年となっている。管理のための3000万円だ。

寺口委員:経済部長に聞きます。冷蔵庫の所有は桐生市になっていますか。

産業経済部長:なっています。

関根委員:そういうことだ。

幾井議長:我々の認識と庭山議員認識が異なると言うことだ。以上持ってカクハを終了する。

« 2009.12.17議会報告 緊急カクハの顛末(4) | トップページ | 2009.12.17議会報告 緊急カクハの顛末(2) »

未分類」カテゴリの記事