2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 魚沼市議会(1)首長が職員に甘いのは全国共通? | トップページ | 2009.12.15 庭山一般質問(5)職員の再雇用 »

2009年12月22日 (火)

議会費約4億2000万円かけても期待されない議会

 今日の桐生タイムスに、一有権者さんから「外部評価導入に期待します」という投稿文が掲載されました。

これは、「桐生市でもお隣の足利市がしたように、事業仕分けをしましょうよ」という投稿なのだが、以下の部分に一有権者さんの心の広さを感じました。

---------------------------------------------------------------------

 本来ならば市議会がそういったチェック機能を果たすべきと存じますが、わたしは期待できません。と申しますのは、以前、保険福祉会館を運動公園につくる計画が出た際、首長がその計画案を上程すればその案を「よし」とし、別の首長になってその案を撤回するといえば、それもまた「よし」としたりして、チェック機能が全く働いていないような印象をわたしは受けました。これでは期待できないなあと思ってしまいました。外部評価をする人たちには、ぜひきちんとした評価をして欲しいと願うものであります。

--------------------------------------------(投稿文一部抜粋)-------

 「議会がチェック機能を果たしていない」という一有権者さんの印象は、その通りだと思います。それでも、期待できない議会に、年間約4億2000万円の議会費(平成21年度予算)を支払っている桐生市民はとても心が広いと思います。

 しかし、これは桐生市だけではなく、足利市の事業仕分けも市議会議員の参加はありませんでした。これは、何を意味するか・・・。どうぞ、ゆっくり想像してみてください。

« 魚沼市議会(1)首長が職員に甘いのは全国共通? | トップページ | 2009.12.15 庭山一般質問(5)職員の再雇用 »

未分類」カテゴリの記事