2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 桐生タイムスでも紹介されましたから・・・ | トップページ | 無会派控室をめぐる攻防(2) »

2010年1月30日 (土)

無会派控室をめぐる攻防(3)

 この後、西牧議員と話をしましたが、彼によると、会派の部屋は会派の部屋じゃない。会派の人の寄り合い所なんだ。あっちがめちゃくちゃなんだから、こっちがオトナになって、いったん部屋を出たほうがわれわれに正当性が出てくる。いったん出たほうがいい・・・ということでした。

 出たほうがいいと思うなら、西牧さんは出ればいい。私は会派を組んだにもかかわらず、きちんと話し合いもせずに、一方的に物事を決めてこれが決定だとおしつけるのはおかしいと思う。そもそも、会派に関するもろもろのことは新里の選挙が終わってからということだった。それを突然持ち込んだのは、ギチョーたちだ。会派の部屋が寄り合い所であろうとどうであろうと、現在ここを使っている私たちがいるにもかかわらず、了承を得ることもなく別の会派に使わせることを勝手に決めるのはおかしいと思う。私はきちんと話し合いをするまで、動く気はない。出たいなら、西牧さん一人で出ればいい。

 会派そのものの存在がまったくおかしい。そのまったくおかしい会派を利用して「会派制度をとっている」などど豪語している桐生市議会はまちがいないく、おかしい。でも、そうであるならば、会派というものをひとつの道具としてとらえ、使ってやろうと思っているだけ。

 が、会派を組めば、組んだ相手が一番の敵になる。

 岡部信一郎副議長によると次の段階にすすむようなので、それはそれで楽しみにしています。

« 桐生タイムスでも紹介されましたから・・・ | トップページ | 無会派控室をめぐる攻防(2) »

未分類」カテゴリの記事