2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2010.2.8カクハ(3)謝罪してもユルサネーって感じ。 | トップページ | 2010.2.8カクハ(1)謝罪からよろしく »

2010年2月 9日 (火)

2010.2.8カクハ(2)信頼関係?社会通念?

中田代表:謝罪は口先でするのではなく、キモチの上からも表すべき。そういう態度で望んで欲しい。カイハの代表として謝罪しているが、もうひとりの謝罪も必要ではないか。

西牧代表:代表に問われたことは代表が処理した。カイハはそれでけじめが付いた。カイハ内の問題であって干渉されることではない。

中田代表:代表はそういうことだが、意見が違うこともある。また同じような問題が起きたら問題だ。二度とないのか。

西牧代表:未来のことは神しかしらない。何が未来におこるのかわからない。何かあれば相談して協議すればいい。

中田代表:ご迷惑をかけたと謝罪したんでしょ?反省したけど謝罪しないのか。常識的な問題で批判を受けて代表として謝罪したんでしょ。そのことについては同じようにカイハとして反省したのか。

西牧代表:カイハの代表として述べている。内部干渉はしないで欲しい。

中田代表:社会的に常識的に逸脱したところは謝罪したんでしょ。カイハとして反省したって事ではないのか?

西牧代表:十分、今、内部干渉している。ここはカクハ。あくまで法的に認められていない会議だ。議場とは違う。

中田代表:議場でないのは事実。現れた現象について批判している。それを素直に受け止めればいい。

岡部信一郎副議長:この場は信頼関係でやっている。今のは謝罪に見えない。社会通念として起立して頭を下げないと。今のは謝罪でなく弁明だ。カイハは集団であるから総意で言っているのかということ。経過を見ると私はそう思っていない。

寺口代表:コメントに聞こえる。今後についても何が起こるかわからないというのはおかしい。

« 2010.2.8カクハ(3)謝罪してもユルサネーって感じ。 | トップページ | 2010.2.8カクハ(1)謝罪からよろしく »

未分類」カテゴリの記事