2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 突然ですが、今日はカクハがあります。 | トップページ | カイハ解消(5)2010.2.4 カクハ 謝罪好きな人々 »

2010年2月 5日 (金)

カイハ解消(6)曲がりまっすぐはまっすぐじゃない

 そして、「カイハを解消しましょう」と言った私に対して、西牧議員がしていることは、私の友人知人に私を説得して欲しいという懇願です。

 西牧さん。無会派クラブを結成した時の約束は、主義主張も立場も全く異なるのだからお互い干渉しないこと、カイハは道具なので便宜上組むのだと言うことでした。

 しかし、西牧さんは私のしたこと(抗議の紙をカイハの部屋のドアにぺたぺた貼ったこと)を利用して(自分でやったことではない謝りやすいこと、つまり私のやったことを勝手に謝罪して)、あちらさんとうまくやろうとしました。

 また、昨晩の電話では、私の言動について謝罪はもちろん言及しないこと、向こうから話がふられたら相談して私の考えを述べると言うことを西牧さんは約束してくれたはずです。そして西牧さんが私に求めたことは、明日の会議では私に黙っていて欲しいということでした。

 私は西牧さんが言ったことを守り、黙っていました。が、西牧さんは、私に言ったことを守りませんでした。

 まず、西牧さんはカイハ届けの出し方について謝罪しましたし(カイハは単なる任意団体で、出し方云々で文句を言われる筋合いのものではありません。カイハ届けを提出した段階でカイハは発生します。紙一枚の話です。そんなところで謝罪するから矛盾しているなどとつつかれるのです)、ドアに張った張り紙も西牧さんが剥がし(このこと自体不本意)、この行動から自分の考えを察して欲しいと発言しました(言及しないはずでした)。そして会議終了後には職員に私の私物の移動を西牧さんが勝手に指示しました(干渉しない約束でした)。

 カイハは道具であり、便宜上カイハを組むと言うことを理解していただいていなかった事が分かりました。

 西牧さんの「まがりまっすぐ」は私にとって「まっすぐ」ではありません。

 カイハ解消です。

« 突然ですが、今日はカクハがあります。 | トップページ | カイハ解消(5)2010.2.4 カクハ 謝罪好きな人々 »

未分類」カテゴリの記事