2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2010.3.16本会議(8) 討論 予算その2 | トップページ | 2010.3.16本会議(6)討論 増税より人件費削減を »

2010年3月18日 (木)

2010.3.16本会議(7) 討論 予算その1

議案第20号 平成22年度桐生市一般会計予算

 予算特別委員会の委員長報告で質問させていただきましたが、審議に満足していません。やはり、予算・決算審議は市民の皆さま方お預かりしている大切なお金の使途であり、大変重要なものです。今回の予算特別委員会は30名いる議員のうち14名で、たった2日間でしか行われませんでした。市民の皆さまおひとりお一人からいただいた一票をいただき、私たちひとり一人は議会という場に送りこんでいただいたわけですから、全ての議員によって、もっと日数も時間もかけて審議すべきと考えます。

 内容については、以下の点で反対です。
(1)適正な財政規模を具体的に設定し、それに向かう財政フレームを作成し、予算決算からもその到達度や方針の整合性についてキチンと検証できるようなスタイルに、方針と予算書、決算書を作成すべきです。

(2)行財政改革方針には自主財源率を上げたいと書いてありますが、実際は依存財源率が上がっています。これは方針にあっていないので見直すべきです。

« 2010.3.16本会議(8) 討論 予算その2 | トップページ | 2010.3.16本会議(6)討論 増税より人件費削減を »

未分類」カテゴリの記事