2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2010.3.19問責決議(4)テコでも動かない | トップページ | 2010.3.19問責決議(2)カイハ退会 »

2010年3月21日 (日)

2010.3.19問責決議(3)荒木議員による問責動議

庭山:急な要求であったにもかかわらず、弁明の機会を作ってくださりありがとうございました。私にかかった議事進行のうち、発言訂正が求められている部分について弁明します。
 まず、福島議員の方から不穏当発言があったとのことですが、これはひとつは「八百長:ということばを使ったことを指していると思います。これは、桐生市議会では使用禁止用語なんですか?私は新聞から引用して使いました。この中身を読むと、桐生市議会も八百長議会の一つに当たると思ったので、そう発言しました。それがなぜ悪いのかわかりません。
 それと、本会議中に、腕を組んで目をつぶって口をかけて動かなくなる人がいる。この事実を見て、なぜかと聞いている。これのどこが悪いのか?
 また幾井ギチョーと福島議員の栗山町の件も事実ですし、私が行った登別の件も事実です。が、ここでわからないのは、「庭山は登別で『議長接待』を受けている」と言うことです。居酒屋で、議長さんもいましたし、ほかの議員さんもいました。職員さんもいました。みんなで割り勘で飲みました。このことを『議長接待』と言うのですか?
 それと、確かに登別の4輪駆動の議長車で栗山町まで送っていただきました。それは、移動日が猛吹雪で公共交通が完全ストップして移動できなくなった私を見て、あちらの議長さんが「あなたは熱心だから、是非栗山町へ行って勉強してきなさい」と言うことだったからです。このときは桐生市議会事務局と連絡を取りながら「お言葉に甘えさせていただこう」と判断したもので、問題とは思っていません。

 次に、河原井議員の部分ですが、この議事進行だけでは、どこが誹謗、中傷、愚弄なのか、なにをもってそのように言っているのか理解できません。

 よって、何が問題なのか理解でいませんので、発言訂正も謝罪もいたしません。

 以上、弁明を終わります。ありがとうございました。

*  *  *  *

 その後、

荒木議員:ギチョーッ!動議!全く反省しない、謝罪しない庭山由紀議員に問責動議をかけたいと思います。

 それに併せて数名の議員たちから「サンセー」「サンセー」の声が上がり、議場にこだましました。

 そして、ギウンを開くことになりました。

 が、私は本人なので、傍聴も一切できず、議場の傍聴席で待ち続けました。

 10分くらいでギウンは終わったようで、3時40分頃、森山議員が議場を覗きにきました。

« 2010.3.19問責決議(4)テコでも動かない | トップページ | 2010.3.19問責決議(2)カイハ退会 »

未分類」カテゴリの記事