2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 問責(4)「もう寄付はうんざり?」細谷議員 | トップページ | 問責(2)「ゆがんでいる」河原井議員 »

2010年3月26日 (金)

問責(3)「勘違い」関根議員

(3)関根幸夫議員
 庭山議員が配ったビラには、我が会派の福島議員のことも書かれている。庭山議員は本当に理解しているのか、していないのか。3月17日の午後の一般質問では、議会を冒涜し、また中傷する不適切発言があり、仲間として恥ずかしい。議会は重要な会議で、発言が自由の場である。その原則として、庭山議員は勘違いをしている。議員として常識以外の発言をし、本人の名前まで出して中傷して何も気にしていないのが残念。市内に二人の名前を書いたチラシを配っている。何が楽しくて、こんな事をやっているのかわからない。H22年度予算がやっと通過したが、こんな事をやっている場合ではない。こんな事をしていて良いのか。そのことを強く要望したい。真に桐生市の議員として、本当に言い意味で改革をしたかったら、我々と仲良くし、中傷しても結構だが、人間らしい立場で仲良くH22をがんばっていきましょう。議員として思いやりを持った議員になって欲しい。

(^o^)/~~
 関根さん、福島議員が幾井ギチョーとタクシー待たせて視察を途中退席した事実はご存じですよね?会長としていかがお考えですか?私の発言に議会を冒涜、中傷する不適切発言があると事ですが、どこですか?また仲間になったことはありませんから、恥ずかしがらなくて良いでしょう。勘違いしているのは関根議員さんでは?事実を市民に伝えることで、市民と議会のあり方について話をする機会がもてることは、議員として何より至福の時です。私は今こそ、市民に現在の議会のデタラメさ加減を市民に知らせるべきと思っています。予算は毎年、「する」っと通過しています。「やっと」通ったことなんて、あるのですか?あなた方と仲良くして人間らしくなれるとは思っていません。あなた方のように「議員として思いやり」をもって、腐った人間になりたくありません。

« 問責(4)「もう寄付はうんざり?」細谷議員 | トップページ | 問責(2)「ゆがんでいる」河原井議員 »

未分類」カテゴリの記事