2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 議会の庁内放送に望むこと | トップページ | 市民傍聴不許可を部屋のせいにした閉ざされた議会 »

2010年3月15日 (月)

「赤いビラ」をめぐって

 「赤いビラ」ってなんですか?というメールが来ました。うーん。赤くはないのですが、議員諸侯の皆様には赤く見えるのかな。かわいいピンクの紙に印刷しているのですが。

 さて、赤いビラ第2弾を配って、たくさんの市民の方からお電話をいただきました。皆さん、これは本当の事なのかと驚き、議会はどうなっているのかと思われたようです。ほとんどが、応援電話でしたが、1件だけ「何ですか、コレ」という電話がありました。それは、以前桐生市議会議員だった共産党のSさんからでした(3月8日夕方6時半過ぎに電話有り)。

Sさん:(予算決算を議員の半数でしか審議しない理由について、とある先輩議員だった人から聞いた言葉「今でもそうだろうけど、しゃべる議員としゃべらねぇ議員がいるだろ。しゃべらねぇ議員はあきちゃって、何度も便所に行くだろ。みっとがねぇから半分にしたんだよ」『由紀日記』ダイジェストNo.2より)こんなこと言う人はいませんよ。

庭山:いえ。私、ご本人から直接聞きました。

Sさん:当時の議員で存命なのは、Aさん、Bさん、Cさんでしょ。

庭山:ええ。そのうちのお一方ですよ。間違いなく。

Sさん:そんなこと言うと思えないが。

庭山:いえ。言いました。

Sさん:それと、こういうふうに「審議をしていない」と書かれるのは心外です。審議をしていない中に私も含まれちゃううじゃないですか。ちゃんと審議しましたし、反対討論も随分しましたよ。

庭山:反対討論がないとは書いてないですよ。私、S先生の反対討論もいくつか読みましたし。それに「審議していない」ではなく『十分に審議していない』と書きました。きちんと読んで頂かないと困ります。十分に審議した結果が現状の桐生市の状況ですか?

Sさん:いや、今回電話したのはね、庭山議員、あなたがこのビラを作って配っているかを確認したかっただけです。私も行動をしなくてはならないので。

庭山:そのビラは、私が考えて作って配っています。

Sさん:それが確認できればいいです。

*  *  *  *

・・・とこんな内容の電話でした。

 過日(2月26日)は、刑事さんに呼ばれて桐生警察署へおじゃまして、「こんなの作っちゃって、庭山さんのことが心配だよ」とお気遣い頂き、お茶をごちそうになったり。

 いろいろありますが、楽しくやらせていただいています。

« 議会の庁内放送に望むこと | トップページ | 市民傍聴不許可を部屋のせいにした閉ざされた議会 »

未分類」カテゴリの記事