2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 『議会なんて磨り硝子で囲ってあるぬるま湯の温泉』 | トップページ | 問責(15):下品を主張・田島議員 »

2010年3月26日 (金)

問責(16):今日はこの辺で勘弁してやる。

 皆さん、口を揃えて「猛反省しろ」などとおっしゃっていますが、「(その人が思えば変えられるが)自分のことは変えられるが、他人は変えられない」。私はあなた達を変えようなんて全く思っていません。なぜなら、あなた方は確信犯だからです。本当は、市民のためにならないことを議会でやっていることを百も承知で、厚かましく「市民のために」などとうそぶいて議員をやり続けています。(中には本気で分かっていない限界値を超えた人もいそうで怖い)。
 でも、多くの市民は議会の現実を知りません。私は、議会の現実、それぞれの議員の実態を市民の方々に知っていただいた上で議員を選んで欲しいと思っています。私は、議員のあなた方には何の期待もありませんが、本当の事を知ろうとする市民には大きな期待を持っています。

 バカの一つ覚えで同じ問責しか出せない。努力も勉強も大嫌い。大声と数の論理で押し切るけれど、バカ丸出しの討論。

恥ずかしくないの?

顔を洗って出直しなさい。

まー、今日はこのくらいで勘弁してやります。

議会では、仲良くしましょーね。大人になりましょう。よろぴく。

« 『議会なんて磨り硝子で囲ってあるぬるま湯の温泉』 | トップページ | 問責(15):下品を主張・田島議員 »

未分類」カテゴリの記事