2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 市民メール:桐生市議会のレベルはお粗末(1) | トップページ | 3つの議事進行をいただきました »

2010年3月17日 (水)

メール紹介:周藤議員の反対理由は嘘

 阿久根の竹原市長さんからメールが届きましたので紹介します。

---------------------------------------------------------------------

>周藤雅彦議員の反対討論によると
>「公務員を見る市民の目が変わってきている。半官半民の会社の社長さんは近すぎる。もっと距離のある人がいい」という内容のものでした。

この反対理由は嘘です。そもそも公平委員会は市長から職員を保護する為にあります。職員に囲われてしまった市長の場合、公平委員会に訴えられるような事をするはずがありません。一度もそんな事はなかったはず、ですから全国の公平委員には仕事がありません。

職員に囲われてしまっている議員達は、今回反対された方よりも、もっと職員に味方する人でなければ賛成しないでしょう。結局、市長に対する職員の権力が強化されるということになります。桐生市でも職業議員たちの働きのおかげで「公民格差をなんとかしてほしい」という貧しい市民の願いは今後も無視され続けるということです。

-----------------------------------------------(以上メール)--------

 メールありがとうございます。

 もっと、職員に味方する人を提案すれば、賛成してくれるようです。職業議員たちのおかげで職員たちの身分保障がされ、「公民格差を何とかしてほしい」という市民の願いは無視され続ける・・・。

 市民の願いを無視する『職業議員』って、昨日、この案件に反対した方々のことでしょうか?

参考:公平委員会の人事案件を否決した会派と議員
クラブ21・・小滝芳江議員、岡部信一郎副議長、園田恵三議員、細谷昌弘議員、河原井始議員、周藤雅彦議員、相沢崇文議員、井田泰彦議員
愛・桐生・・荒木恵司議員、佐藤光好議員、岡部純朗議員、森山享大議員
公明クラブ・・寺口正宣議員、周東照二議員
桐新会・・関根幸夫議員、福島賢一議員

*あーっ。そっかー。周藤雅彦議員さんは、職員組合だか自治労だかの応援もらているから、もっと職員の味方になってくれる人に公平委員になってもらわないと困るんだ。そうっか。そうだったのか(^▽^)

« 市民メール:桐生市議会のレベルはお粗末(1) | トップページ | 3つの議事進行をいただきました »

未分類」カテゴリの記事