2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 「赤いビラ」をめぐって | トップページ | 市長もびっくり?!人事案件否決。 »

2010年3月15日 (月)

市民傍聴不許可を部屋のせいにした閉ざされた議会

 今朝の上毛新聞にこんな記事がありました。

---------------------------------------------------------------------

・・「部屋が狭いので」・・
『予算特別委の審議 市民が傍聴できず』
伊勢崎、富岡の両市議会

 新年度予算の審議が進む中、県内12市で伊勢崎と富岡の2市は、予算特別委員会で市民の傍聴を事実上受け入れていないことがわかった。ともに部屋が狭く、出席する市職員も多いため、傍聴者用スペースを確保できないという。

--------------------------------------------(一部抜粋)-------------

 いや~。桐生市議会。よかったですね。過日の予算特別委員会の市民傍聴を許可しておいて。いやー。ギリギリセーフってところでしょうか。いやー。よかったよかった。

 市民傍聴を事実上させていない両市もそうですが、桐生市も条例や規則では「委員長許可(委員長が委員会前に委員にはかって許可が得られればオッケー)」で傍聴は可能です。

 つまり、委員長や委員の許可がないと傍聴ができない。委員長と委員は議員ですから、市民に雇用されているわけです。にもかかわらず、主権者で有り雇用主である市民の傍聴が、雇用されている立場の議員の判断で、可能なときもあれば、可能でないときもある。その時々の「キブン」でいかようにでもなると言う現実。

 こういうのを『議会のルール』と言います。

 「部屋が狭いので・・・」って。他のいいわけ、考えられないのかな。

 どこも、似たり寄ったりみたいですね。

« 「赤いビラ」をめぐって | トップページ | 市長もびっくり?!人事案件否決。 »

未分類」カテゴリの記事