2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 問責(8)おっちょこちょいな津布久議員 | トップページ | 問責(6)「足下みれない」森山議員 »

2010年3月26日 (金)

問責(7)謝れ!寺口議員

(7)寺口正宣議員
 日頃から思っていることなので、良く胸にとどめて欲しい。議会のシステムを理解してルールを尊重していれば、議会改革も進んだかも知れない。市民のための政策も実現できたかも知れない。桐生市議会を八百長と呼ぶことは、選挙で一票を投じた市民、有権者、住民を愚弄している。八百長議会というなら、市民も有権者も住民もその八百長に荷担していることになるのではないか。この点が一番悲しく憤りを感じている。市民、有権者、住民に謝るべき。

(*^ー゜)v
 「さーも、私は市民、有権者、住民の見方です」と言いたいようですが、あなたは市民を愚弄し続けてきた議会議員を長くやっている市民の敵です。しかも、議会改革や市民の為の政策が出来ないことを私のせいにしている。もうすこし、まともな議員かと思っていましたが、八百長議員そのものです。

« 問責(8)おっちょこちょいな津布久議員 | トップページ | 問責(6)「足下みれない」森山議員 »

未分類」カテゴリの記事