2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 裁判傍聴(2) カットされたビデオといい加減な調書 | トップページ | ただいま感動中:『現職警官「裏金」内部告発』 »

2010年4月27日 (火)

裁判傍聴(1) 始まりは県警の「裏金」の告発

 江川紹子さんに会いました。江川さんはテレビで見るより長身で、堅実な印象を受けました。派手さはないけれど、理知的な素敵な女性。もっと、お話ししたかったですぅ。

 さて、江川さんに会ったのは、群馬県警に勤務していた大河原宗平さんの職場復帰を求める裁判があった前橋地裁。

 この事件は、大河原さんが群馬県警に勤務していましたが、ニセ領収書の作成を拒否したことから、左遷などの嫌がらせを受け続け、挙げ句の果てにでっち上げの公務執行妨害で現行犯逮捕され、懲戒免職されたものです。

 今回の裁判で、証人は、当時調書を作成した美人検事(美人は余計か?でも、本当に若くて派手系・美人なヤメケン弁護士さんでした。肩胛骨の下までさらりと伸びた髪が印象的でした。検事をして弁護士になる人を「ヤメケン」というらしい)。裁判を傍聴したのは初めてですが、この裁判をみて、大河原さんが警察を懲戒免職されたのは、『でっち上げ』による『えん罪』だと思いました。

« 裁判傍聴(2) カットされたビデオといい加減な調書 | トップページ | ただいま感動中:『現職警官「裏金」内部告発』 »

未分類」カテゴリの記事