2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« ギチョー権限による言論弾圧 その1 | トップページ | 「議会便り」(1) 八百長議会の現実 »

2010年4月 7日 (水)

「議会便り」(2) 『瞑目』発言で見えること

 それと、総務部長は居眠りを認めませんでしたが、腕を組んで目をつぶって口を開けて動かなくなったら、寝ているじゃないですか?もちろん、本会議でそういう状態になっているのは、市長、執行部職員だけでなく議員もですが。

 そして、総務部長は居眠りを認めず、そういう格好をしていても、それは居眠りでなく『瞑目』だとおっしゃいました。私は「瞑想」と聞き違いしてしまいましたが。

 ちなみに岩波の国語辞典によると、

瞑想・・・目を閉じて静かに考えること。眼前の世界を離れてひたすら思いにふけること
瞑目・・・目を閉じること。特に、安らかに死ぬことをさす。

 つまり、総務部長は、「腕を組んで目をつぶって口を開けて動かなくなった」状態の執行部を、「安らかに死んでいる」状態と発言したと言うことです。

 これだけでも、おかしいのですが、ここで執行部の議員に対する『ある姿勢』がうかがえます。

 それは、

 『普段使わないような難しい言葉や抽象的な言葉、行政用語を連発して、人気取り投票だけで当選したお馬鹿な議員を煙に巻いてしまえ。どうせ質問は3回までしかできないのだから。』

 こんなふうに思っているんじゃないですか?

 だ・か・ら、不意打ち的な質問をされて焦っちゃったりすると、今回のように『瞑目』なんて言っちゃう。

 議員の前では「センセイ」とか「ギインサン」とか「お願いしますよ~」などとヨイショしておいて、後ろを向いてベロを出しているのは分かっていますよん。

 もちろん、難しい公務員試験を受けて、何年もお仕事されているのですから、職員の皆様は優秀なプロだと思います。そこらの議員とは違いますよね。で、あるならば、人気投票であろうと、能力低かろうと市民の代表として在籍しているシロウト議員に、分かりやすく答えるべきではないですか?


 だいたい、議会で質問は3回までしかさせないって、おかしいでしょ。「議会のルールだあ!」と言うけれど、何を目的にした誰のためのルールなんですか?あー(>3<)悔しぃ~!!

« ギチョー権限による言論弾圧 その1 | トップページ | 「議会便り」(1) 八百長議会の現実 »

未分類」カテゴリの記事