2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 視察に行かない理由書 | トップページ | 市民メール:ギウン傍聴時給いくらだと思ってんの? »

2010年4月30日 (金)

市民メール:ギウン傍聴:そこで出会ったチンピラ議員

その二。

 チンピラ議員がいるとは思いませんでした。

 会議の最後半は、西牧議員と庭山議員に対する制裁をどのようにするのかの議論となった。

 議運で討議すべき問題なのか議論の分かれるところですが、共通認識を持つということなのかと思います。

 庭山議員が「弁護士の意見書」を読むのではなく提出すべきとの議論で、庭山発言に興奮した議員(後部席右側に座っていた三人ほどの議員)が、意味のわからぬ捨て台詞を吐きながら会議室を退席しました。最後尾で歩いていた議員がドサクサにまぎれて傍聴者(私)の頭を張って(右手で小づいて)出て行った。

 頭の直上から小づきましたから偶然ではありません。

 発言を許されない傍聴者の立場を知っての上で行為でしょう。

 立ち上がるのを辛うじて抑えましたが、チンピラまがいの議員さん、このことを私は忘れませんよ。いずれお返しはさせてもらいます。



                           議会傍聴者

---------------------------------------------------------------------

 そういう議員がいることがばれてしまいました。でも、市民傍聴者がいないときは、野次とかもっとすごくて盛り上がるんです。今日はおとなしく品よく収まった方でした。それにしても、どういう事で市民傍聴の頭をこづくのか。

 理解できません。

« 視察に行かない理由書 | トップページ | 市民メール:ギウン傍聴時給いくらだと思ってんの? »

未分類」カテゴリの記事