2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 太平洋ベルト地帯の旅(4)大阪・京都 その1 | トップページ | 太平洋ベルト地帯の旅(2)名古屋 その2 »

2010年4月 5日 (月)

太平洋ベルト地帯の旅(3)岡山・広島

(2)岡山・広島やん

 この春から6年生になる息子が、「海の中に建っている鳥居をみたい。何で海の中に建っていられるのか知りたい」と言うので、岡山の友人を頼って宮島へ行きました。予想以上に大きな迫力満点の鳥居に驚き、海辺の本殿の美しさにも、うっとり。運良く、引き潮だったので、鳥居の足下まで行くことができました。息子に「何で海の中に建っていられるのか、分かった?」と聞いたら「うん。こんなに大きくて重くしているから動かないんだね」と納得した様子。が、私は、納得できない。海の中に数百年も立ち続けるなんて、毎日潮の満ち引きだってあるし、台風だってくるし、いくら巨大な鳥居で、鳥居の中におもりを入れて重くしていると言っても、全く感覚的に納得できない。あー。なぜ?

 またせっかくなので、平和記念公園にも足を延ばしました。6年生になる息子は博物館に展示してある資料も結構読めるようで「悲しくなった」「何で戦争するんだろう」などとつぶやいていました。保育園の年長さんになる娘には、分からなかったようで館内を無邪気に走っていましたが・・・。

« 太平洋ベルト地帯の旅(4)大阪・京都 その1 | トップページ | 太平洋ベルト地帯の旅(2)名古屋 その2 »

未分類」カテゴリの記事