2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 女性議員特有の裏技芝居 | トップページ | 元桐生市議会議員のブログ紹介 »

2010年5月17日 (月)

20万円程度の工事費が捻出できない国交省

 「庭山はどぶ板をやらねー。議員として失格だぁ!」などと言われておりますが、言われれば、いくつかやらせていただいています。

 過日の会合でお会いした市民の方々より、「渡良瀬川の土手を降りる階段が削れてきたり、滑るので何とかしてほしい」と言われました。そこで、今朝、渡良瀬川河川事務所に行きました。

 小さな事務所の自動扉をくぐって見たのは、机の上に資料が山積みになっているその谷間でスーパーのチラシを見ている職員さん・・・。私の姿を見るとすぐに対応してくれ、またメモをとりながら話も聞いて下さいました。

 ありがとうございます・・・。

 事務所を後にしたのですが、

「庭山さんよ-。職員なんて仕事なんていやでいやで仕方がねーんだから、そういうときは、地図に工事箇所の記しつけて写真撮ってもってきゃ、そりゃー喜んでやってくれるよ」

・・・と、以前アドバイスいただいたことを思い出したので、写真を撮って再度事務所へ行きました。

 すると今度は所長さんが対応してくれました。その工事には、20~30万円かかるそうですが、そのお金が出せないということです。

 正確には、「台風などで土手が壊れなければ、その補修工事のための予算が残るので、そちらの工事にお金を回せるかもしれません」ということです。「高齢な方が多く利用しているステップなので、転んでけがでもしたら責任問題になりかねませんが・・・」と言ってみましたが、「予算を削られて、お金がない」の一点張り。

ヾ(-_-;)ニワヤマココロノツブヤキ
就業時間中に新聞広告見ている職員さんの給与減らすか、人数減らせば、工事費なんてすぐでるんじゃあーりませんかぁ?誰のために雇われていると思っていらっしゃるのかしらん?
 

のんびりムードの事務所でした。ちゃんちゃん。

« 女性議員特有の裏技芝居 | トップページ | 元桐生市議会議員のブログ紹介 »

未分類」カテゴリの記事