2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 他にも変なの、あるんですよね・・・ | トップページ | 市民メール:「チャレンジ25」市民代案(2) »

2010年5月28日 (金)

市民メール:「チャレンジ25」市民代案(3)

  E.全国へ情報発信する。マスコミと人を桐生へ呼ぶことを考える。

    1)桐生出身のEV車日本記録を最近出した館内端氏(日本EVクラブ)にイベントを考えてもらう。情報発信力がすごい人。(業務依頼ではなく市長が桐生の為にひと肌と口説く)

    2)11月の工学部のクラシックカーフェスの活用。クラシックEV車を主役にして街中を走らせる。集客力3万人?

      (桐生らしい水車による発電も話題性ありそうだが、実現は無理?)

    3)桐生が岡動物園の活用

      (a)身障者や老人のための園内専用の遊覧EV車を動かし、実用車の計画に入れる。

      (b)映画のクランクインにつなげられるか?

      (c)市職員がセールスマンとなって近隣幼稚園・小学生の来園誘致活動へ。

------------------------------------------------(以上メール)-------

 ぱぱぱぱぱと半日もたたないうちにこのような提案ができる市民がいます。私はこちらの案の方がずっと良いですし、納得できます。

 いつだったか、市の職員の天下りが率先して用意される問題について質問したことがありますが、「市の職員は様々な経験もあるし、優秀だし・・・よって再雇用先を用意しています」という答弁をいただいたことがあります。が、安易に丸投げの連鎖を提案する職員より、こういう市民の方が、ずーーーーーっと優秀だと思います。

« 他にも変なの、あるんですよね・・・ | トップページ | 市民メール:「チャレンジ25」市民代案(2) »

未分類」カテゴリの記事