2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 緑の分権事業(2)後悔していませんか? | トップページ | 市民メール:信用できない『環境省』(2) »

2010年5月31日 (月)

緑の分権事業(1)調査だけで終わる可能性も・・・

6月議会の補正予算ででてきた『緑の分権事業』

 これは、総務省の方からお金が出る事業です。「調査だけで終わる可能性もある」と説明を受けました。それに、約900万円使いたいと言うものです。

 国の方針として、生活や経済などの中央主権方から地域主権への転換を図っている。そこで、地域資源を最大限活かす仕組みを作り、地域を活性化させ、絆の再生を図りたい・・・という大きな目標を掲げているのが『緑の分権改革』ということです。

 そこで、今年の1月中旬に「緑の分権改革推進事業やりませんか~?」と全国で委託先を募集。その結果、例えば群馬では、県と前橋、高崎、桐生、水上が挙手し、受託許可が下りました。

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/mido-4.jpg">

 桐生市は、市内に小水力発電が可能な地点を5つくらい探したい・・・というので外部のコンサルタントに事業委託をします。この委託調査費で約900万円支出するというものです。あくまで調査なので、調査だけで終わる可能性もあると言うことです。その事業費一覧表は、以下のとおりです。

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/mido-1.jpg">

 ぱっと、これを見て、ぱぱぱといくつか疑問がでます。まずは、「検討会議になぜ9万円かかるのか?」とか「小水力発電フ存調査に約950万円?」

 そこで、小水力発電フ存調査の内訳を見てみると、

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/mido-2.jpg">

 人件費が約350万円、諸経費が400万円、技術料が約150万円。・・・?

*  *  *  *

庭山:人件費が高いですね。内容を教えてください。

・・・ということで、職員が手持ちの資料を読み上げ(またコピーしてくれなかった)、それを書き取ったものが以下の表になります。

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/mido-3.jpg">
*のところには、主任研究員が入ります。その日当は47,000円。

庭山:主任研究員の日当は、47000円ということです。いいお金ですね。

職員:これは、最高の金額で、最低は、日当22400円です。

庭山:この事業は委託ということですが、どこに委託するのですか?

職員:まだ決めていません。

« 緑の分権事業(2)後悔していませんか? | トップページ | 市民メール:信用できない『環境省』(2) »

未分類」カテゴリの記事