2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 市民メール:「チャレンジ25」は市民生活に有効か? | トップページ | 他にも変なの、あるんですよね・・・ »

2010年5月27日 (木)

市民メール:「チャレンジ25」は丸投げの連鎖

 「チャレンジ25」について、早速市民の方からメールが来ましたので紹介します。

---------------------------------------------------------------------

 この基本計画案を入手するのにずいぶん苦労されたようです。

o(`´)oニワヤマココロノツブヤキ
ご推測の通り情報を得るだけの話で、すったもんだしました。昨日表にしたデータも、委託先である北関東産学官研究室では情報をもらえず、結局市の担当職員の言うモノを「カキトレ」と言うことで、書き取ったものです。私の目の前で、職員はデータを手にしているのに、それをコピーせず、ご丁寧に音読してくれました。『この行動』の目的がわかりません。・・・嫌がらせ?

 このプロジェクトの責任主体がどこなのか(議会で審議されるようですから桐生市と思いますが)よくわかりませんが、この予算配分から推論すると、まことに杜撰な計画であり、専門家(北関東産学官)に丸投げし、専門家がまた専門家に投げて、何をしようとしているのか、桐生市のために何の役に立つのかまったくわかりません。自己満足の計画案であり、高校生の科学部でももっと丁寧でマシな計画をつくると思います。国の金とはいえ、こういう金の使い方が市の衰退の原因だろうと思います。

 委託料から計画を推論しますと、

(1)小型水力発電所を作る。
(2)充電設備と多数のバッテリーを準備する。
(以上の設備費が1億3700万円)
(3)充電されたLiB(バッテリー)をワタ渓で桐生まで運ぶ。
(4)6台のEV(電気自動車)と735万円分のアシスト自転車を、市内を走らせてCO2削減実証データを取り分析する。
(5)検証期間は6ケ月。

 予測されるデータの90%以上は実験しなくともシュミレーションできるでしょう。

« 市民メール:「チャレンジ25」は市民生活に有効か? | トップページ | 他にも変なの、あるんですよね・・・ »

未分類」カテゴリの記事