2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2010.6.3建設委員会(2)全部売っても3分の1? | トップページ | あつかましいんでないかい?幾井ギチョーさん »

2010年6月 4日 (金)

2010.6.3建設委員会(1)議会と委員会制度の仕組み

 昨日は、建設委員会がありました。

 議会運営の方法のひとつですが、自治法で「委員会制度をとってもいいよ」と書いてあるので、桐生市議会では、「委員会制度」を取っています。

 そこで議員になると、桐生市議会では4つの委員会に分かれます。そして、

議会1日目 本会議 議案上程・質疑答弁



議会2日目 委員会(EX.建設委員会と総務委員会)

議会3日目 委員会(EX.産業経済委員会と教育民生委員会)
(注意)委員会を二日間に渡って行うわけではなく、2010年の3月議会から、委員会の開催を2日に分けただけです。昨日、建設委員会がありましたが、午前10時から始まって、二時間で終わりました。こんなものです。
委員会制度の意味?タテマエは、『本会議より、より審議を深めるため』と言われていますが、『議員の仕事量を減らすため』がホンネではないかしらん?



ずっと休会



議会4日目 本会議 議案に対する委員長の報告、そして討論と賛否
(注意)それぞれの委員会の報告は委員長がします。が、この原稿は事務局職員が作っています。委員長は、それを音読するだけです。



議会5日~7日目 本会議 一般質問
 一般質問とは、それぞれの議員が自由に質問できる場です。ただし、やはり『質問は3回まで』というばかばかばかしい「議会のルール」があり、また質問と答弁の時間を合わせて『一議員40分』という時間制限もあります。
 一般質問を『議会の花形』と、かの有名な超能力者議員がご発言あそばされましたが・・・。「花形」の意味、わかっているのか・・・な?超能力者だから・・・どうなんでしょう?

« 2010.6.3建設委員会(2)全部売っても3分の1? | トップページ | あつかましいんでないかい?幾井ギチョーさん »

未分類」カテゴリの記事