2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« チキチキのマスターから竹原市長さんへ | トップページ | メール紹介:勉強不足の自称「川原」埼玉県民 »

2010年8月29日 (日)

市民メール:区長会からの要望

8月28日の「桐生タイムス」をみた市民の方からメールが届きましたので紹介します。

---------------------------------------------------------------------

今日の桐生タイムス一面記事です。

桐生市区長会が市議会へ要望書を提出。

(1)更なる議員定数の削減で18人へ。

(2)新里・黒保根を別選挙区で。

私は地域の要望や口利きは区長会、議員は地域代表ではなく、オール桐生市の課題に取り組むべき、というのが本来の姿かと思います。

議員と区長とはお互いに権益と立場を競っているところがあるように思われ、議会がすんなり受け取るとは考えられないが、区長会の全会一致の要望とあれば、まったく無視することもできないと思います。

反応が楽しみです。

--------------------------------------(以上、メール一部抜粋)-------

そうですか?私の予想では、ギウンで

「こんな要望書が来ましたけどどうします?」と一度議題にあがるも、

「まー。定数はすでに2減しているし」とかなんとか言って

『継続審議』になればまだ良い方でしょうね。おもいっきりスルーされると思います。

黒保根・新里地域の問題も

「議会で一応の結論はすでに出ている」となるんじゃないかな。

私は黒保根・新里地域だけ特別扱いすることはないと思います。それは、このメールを下さった方と「議員は地域代表ではなく、オール桐生市の課題に取り組むべき」と考えるからです。

ちなみに、『継続審議』とは、議会以外の一般的な日本語で解釈すると「うるさいから一応話題にしたよ。だからなに?」ということです。

ギウンも傍聴できます。議会・議員の現実・実態を是非見に来て下さい。

« チキチキのマスターから竹原市長さんへ | トップページ | メール紹介:勉強不足の自称「川原」埼玉県民 »

未分類」カテゴリの記事