2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« いい加減にしなさいよ~!総務省サン!! | トップページ | 権威的性格の議員が集うバカ議会(1) »

2010年8月26日 (木)

権威的性格の議員が集うバカ議会(2)

 このように書くと、地方議員は責任は問われないが、なにか「チカラ」があるかのように勘違いしてしまうかもしれない。

はっきり、書こう。

 議員には、権威も権力もない。(・・・ただし、議員の多くは「権威的性格」の持ち主である)。

 地方議員の存在価値は、あるとすれば、自治体のデタラメを目隠ししたり、(議員を含めた)公務員の無責任さを曖昧にする「盾」であることくらいだろう。

 そして、そんな議員がダンゴになっている議会に、なんの「チカラ」もない。あるのは、自分達の生活費を守るための芝居と談合、そして多数決の暴力である。

 昨日、今日行なわれた阿久根の議会は、これをさらに明らかにしてくれたと思う。

バカギカイバンザイ・・・である。

*  *  *  *
注釈
「権威的性格」・・・強者や権威に対しては盲従し、他方、弱者に対し自分の力を誇示する性格(『大辞林』より)

« いい加減にしなさいよ~!総務省サン!! | トップページ | 権威的性格の議員が集うバカ議会(1) »

未分類」カテゴリの記事