2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 仕事がキライな財政課(2)なんで公務員になったの? | トップページ | 化けの皮がはがれちゃった記者会見:乞食な記者たち »

2010年8月31日 (火)

仕事がキライな財政課(1)職員同士は結構薄情

 財政課は本当に、アタマがカタイし、口がカタイ。桐生市役所の中で、ダントツ一番だ。

今日は、昨年の秋からお願いしている桐生市の補助金の資料を催促に再・再・再・請求くらいに行った。

若い職員が出てきて

職員:それについては議会事務局の方へお返事しています

庭山:聞いてませんけど。いつ?どんな返事をしたの?

職員:いつかはわかりませんが・・・。資料はお出しできませんと。

庭山:はぁ?去年の秋から私きてるんですけど。今になって・・・。理由は?

職員:既存の資料は出せますが、資料を作るとなると議会からの資料請求が必要です。

庭山:ギチョーに資料請求を止められているので、直接ここに来てるんですけど。

職員:議会のことはわかりませんので。

庭山:わからなくても良いけど、議会からの資料請求がないと資料を作成しないの?

職員:そういうルールと聞いています。

庭山:どこに書いてるの?どういうルールがどこに書いてあって資料を出さないと言っているのか教えてください。情報公開請求をした場合は、既存の資料しか出せないと明記されているのは見てるけど、議員の資料請求についてはどこにも無いでしょ。以前そちらで作ってもらった資料のつづきをお願いしている。H16年までのはある。H17年から今までの資料がほしい。無理な資料をお願いしているわけではない。

・・・などとさんざんすったもんだしていたら、この若い職員は「上司に相談してきます」と上司に相談に行った。カウンターで延々と「出せ」「出さない」の話は数メートル先にいる同僚議員や上司はわかっていたはずだ。にもかかわらず、下を向いて仕事をするふりをして、この職員がご意見伺いに行くまでシランプリ。結構、職員同士って薄情ですよね。

« 仕事がキライな財政課(2)なんで公務員になったの? | トップページ | 化けの皮がはがれちゃった記者会見:乞食な記者たち »

未分類」カテゴリの記事