2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 市役所の対応:夏休みの自由研究をめぐって(1) | トップページ | そろそろ、闘いません?(2) »

2010年8月12日 (木)

専決処分は合法です

橋下知事「阿久根市長を大いに尊敬」

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100402-465846/news/20100812-OYT1T00789.htm

 職員ボーナスの半減などを進める鹿児島県阿久根市の竹原信一市長について、大阪府の橋下徹知事は12日の定例記者会見で、「役所天国に切り込む考え方は大いに尊敬している。竹原市長が大阪市長になったらすごいと思う」と述べた。

 大阪市政批判を繰り広げる中での発言で、「大阪市役所が職員のために使っているお金を、竹原市長のように市民に還元しないといけない」と力を込めた。

 ただ、議会を招集せずに補正予算案などを次々と専決処分した竹原市長の手法に関しては、「いろいろ批判がある。専決処分する手法は、府や大阪市ではできない」と語った。(2010年8月12日17時25分 読売新聞)

----------------------------------------------------(以上記事)-----------------------

 おおっ!大阪の橋本知事も「役所天国」に切り込む竹原市長に注目しています。・・・で、鹿児島県知事・伊藤さんはどのようにお考えなんでしょうか?いくら伊藤さんが官僚出身といっても、まさか、「役所天国」を守るために、仁王立ちしているわけではないでしょう?まさかまさか、そのために、過日阿久根市の副市長になった仙波さんとの面会をお断りしているわけではないですよね?

 市民のため、県民のため、公益のためにお仕事をされているなら、竹原市長や仙波副市長とタッグを組んだほうが、いいんじゃないかなぁ思いますけどぉ・・・。
 
 ただ、橋本知事は「専決処分する手法は、府や大阪市ではできない」と語ったそうですが、そんなことないと思います。できますよん。できない理由がわかりません。府民や市民が「専決はダメ」とか言ってるの?

 マスコミのみなさんだって、専決処分の手法が合法で可能であることわかってるんでしょ?教えてあげればいいのに。結構、冷たいのね。

« 市役所の対応:夏休みの自由研究をめぐって(1) | トップページ | そろそろ、闘いません?(2) »

未分類」カテゴリの記事