2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2010.9.2建設委員会(4)交通量計測は2時間 | トップページ | 2010.9.2建設委員会(2)じゃまするな!いぐい! »

2010年9月 9日 (木)

2010.9.2建設委員会(3)信頼されてると思ってるの?

庭山:いつ?どこで?ここは委員会でしょ。議場で深められない部分を深めるのが委員会でしょ。今、ここでやらないのはオカシイですよ。

部長:財政が厳しい中で、桐生市が抱えている課題としてアクセスの問題がある。全体を活性していくためには、基幹道路しての位置づけで活性化を図りたい。桐生に誘導するのがむつかしかった。そういう中で平成6に計画決定された。起債については財政課。私から答弁はできない。

庭山:委員長に財政課を呼ぶことを求めます。平成6年と今とでは桐生市の状況全然違う。今から新しい負担を増やしてまで橋を拡張する必要があるのか。計画の見直しをするつもりはないのか。

部長:この仕事は我々だけでやってきたのではない。借地人400人の方々に計画を示してご理解をいただいてきた。コレが2車線で終わってしまうと、今まで協力いただいた400人に市の計画に対して信頼を失ってしまう。今後桐生市が事業をやっていく上で市民の理解を得ることが難しくなってしまう。

庭山:国がくれるという「国の金」は国民全体からいただいているお金。そういうことも認識すべき。桐生市の信頼関係と言うが、この400人や地域住民に対しても、この計画に反対する市民は誰か調べたり、会合の際に録音機をカーテンの陰にセットした話も聞いています。今まで桐生市がやってきたことや事業が、市民が信頼を寄せるようなものだったとは思っていませんよ。

岡部純朗:一朝一夕には行きませんよ。市長が替わるために計画も変わるんですから。ハシケタの議論の話にもどすべきだ。

庭山:私はハシケタ工事から離れているつもりはない。企業が流失している、人口が高齢化して減る中で税収が減ってくる。すでに2車線あるものを4車線にすることで市民の負担が増える。もう2車線を増やすことを今すべきかどうかを考えるべきだと思う。

岡部純朗委員:あのねー。庭山さんは桐生市のことを自分では知っているだろうが、みんな(他の委員を指すのか?)経験している。例えば桐生市のビジョンについて説明してくださいよ。そうでないとここまで私たちがきたものを・・・

庭山:うふふ。

幾井ギチョー:笑ってごまかさないで。

庭山:オカシイから笑っただけですよ。

岡部純朗委員:だからそういう議論をしましょうと言うことです。途中で工事をやめると橋脚自体も老朽化してくる。入札だって見てくださいよ。みんな仕事がほしくて全部最低価格で入札してきている。そういうのも見てくださいよ。

« 2010.9.2建設委員会(4)交通量計測は2時間 | トップページ | 2010.9.2建設委員会(2)じゃまするな!いぐい! »

未分類」カテゴリの記事