2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2010.9.2建設委員会(3)信頼されてると思ってるの? | トップページ | 2010.9.2建設委員会(1))「ご理解」できるかっ! »

2010年9月 9日 (木)

2010.9.2建設委員会(2)じゃまするな!いぐい!

庭山:ご理解できないから聞いている。計画段階で出ている金額を聞いている。見積もりがないはずがない。単年度の金額が抑えられても、総計で余分な金額まで払った方が良いというのは理解できない。

部長:国の交付金、市の予算、地域の合意、もろもろの全体の中での計画です。ご理解いただくしかありません。

庭山:正確な金額の説明を求めます。

職員:事業認可時には、全体の事業費の概算では27億。今までのが16億8000万円で、残りが9億ということです。請負金額の差とか、鋼材価格の変動とか、社会情勢は影響してくる。

庭山:そうすると橋梁部分で27億円を予定していた。平成21年までが16億8000万円で、今後の橋梁部分にかかる金額が9億。ということは、後から工事をするという不経済なことをしても、結果的に予定していた金額よりも安くなると言うことですか?

職員:当初の金額はかなりアバウトなものですから。

庭山:やはり、無駄な部分は生じていると思う。算出基準がおかしいのでは?

職員:計画の中で実施してきた。事業費が5カ年計画だったので、市の財政状況もある。市の持ち出し部分をいかに少なくするか考えた。

庭山:桐生市の財政状況を考えるのは当たり前。平成6年に都市計画されたが今は平成22年。桐生市の人口とか経済状況は大きく変わっていると思う。今の桐生市の状況に合わせて考え直しても良いと思う。

職員:平成6年から4車線計画だった。平成9年から平成19年に3回に分けて事業認可を取ってやってきた。全体では平成9年から事業をやっていることでご理解いただきたい。

庭山:現在の桐生市の人口・財政に見合った計画に修正することについて答弁もらっていないし、起債についての担当部局を呼んでください。

幾井ギチョ-:それは後にして、議案に移りましょうよ。

庭山:答弁してください。

幾井ギチョー:それはあとで。議案についての話に戻しましょう。

庭山:議案について聞いています。

幾井ギチョー:全体的なことでしょ。

庭山:全体的なことだって、答えてもらわないと。

幾井ギチョー:あとで

庭山:いつどこで?

細谷委員長:別の機会で。

« 2010.9.2建設委員会(3)信頼されてると思ってるの? | トップページ | 2010.9.2建設委員会(1))「ご理解」できるかっ! »

未分類」カテゴリの記事