2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 市民メール:おかしな議会(2)西牧議員質問の禁止 | トップページ | またまた流れた「ブログ規制条例」 »

2010年9月 6日 (月)

市民メール:おかしな議会(1)中通り大橋の4車線化

市民の方からメールが来たのでアップします。桐生タイムスに掲載されたようですが、一部削除されたとのこと。ここでは、全文をアップします。

-----------------------------
 31日、市議会9月定例議会初日の傍聴に出かけた。傍聴席両サイドに手すりが設置されたのは一歩前進だが、<b>議論の中身の粗雑さには驚きを通り越してあきれた。</b>

 この日の市当局から提案された議案の審議で中心だったのは、中通り大橋の4車線化である。質疑の全体像を整理すると次のようになる。

 3月に開通したが、今までの経費はトータル99億円(内訳は国費47億円、市一般会計19億円、借金33億円)、4車線化工事費は9億円、市負担は6割で大半は借金である。

(1)足利市は渡良瀬川架橋11橋のうち市道はたった1橋だけ、桐生市では7橋中市道は3橋もある。中通り大橋は100億円を超える大型工事にもかかわらず市道。新旧の国道50号を接続するだけだから。市の負担は県道なら2割、市道なら6割である。

(2)残り半橋の工事入札12社で実施。12社の入札額は3.6億円ですべて同じ価格。くじ引き抽選で一社に落札。最低入札価格も前回工事より約1割アップに設定。こんな競争入札は仕組みがどこか間違っている。

(3)「4車線化は交通量が増えたら検討する」という前提を無視して強行されようとしている。当局の答弁…調査結果一日の交通量9000台。事前の予測交通量は1万台。ただし、

調査は一日だけ。何時なのか何曜日かもわからず調査が拙速で杜撰である。

(4)結論 中通り大橋工事費総額108億円(市議の質問では125億円という数字もある)その内、市の負担65億円、市の借金は37億円も増えた。

 当欄でも市民の声として、4車線化はお金がかかるから再考してほしいという意見を何度も目にしている。人口も税収も大きく減少している。市民の声を無視して工事を強行する理由がまったくわからない。桐生市は財政が硬直化しているが、市当局の頭も判断力も柔軟性を失って硬直化しているとしか思えない。市議会は当局の暴走にブレーキをかけられるのか?

« 市民メール:おかしな議会(2)西牧議員質問の禁止 | トップページ | またまた流れた「ブログ規制条例」 »

未分類」カテゴリの記事