2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 『市議会に質す』桐生市議会はデタラメ議会代表選手 | トップページ | 桐生タイムス『桐生市議会に質す』(1)無記名投票 »

2010年10月25日 (月)

『市議会に質す』(1)全国ほとんど“OK議会”

まず、日本国憲法で地方議会は二元代表制が規定されているから当面は仕方がないけれど、地方自治体で、議会が機能しているところが、いったいいくつあるのか、大いに疑問です。

「市民の心が市議会から離れて」いるのはずっと前からで、今にはじまったことではない。選挙の時だけ「市民の皆さまのために!」と言う候補者に、うすうす「そんなのウソだろ~」と思いつつ、市民は選挙だけ行って、地縁・血縁、ポスターの標語や人相だけで議員を無責任に選んできた。一種、雇用対策と言っても過言でない程度の低い議員の選出。そして、後は「まかせた」と『おまかせ民主主義』に身を委ねた。実は私もまぎれもなく、そのひとりだった。・・・今、心底、悔しく・・・当時の自分を殴ってやりたい気持ちでいっぱいだ。

その結果、当局チェックなどしない・できないOK議会が日本全国ニョキニョキ誕生。予算決算など否決や修正された経験のある議会は全国にいくつあるのか?当局提案は往復3回に限定されたカタチだけの質疑・答弁で、その可決率は100%に限りなく近いのでは?その結果、ほとんどの自治体は身の丈を超える借金を背負っているし、そのツケは市民や子ども達や、まだ生まれてもいない次世代に押しつけられることは明確である。にもかかわらず、市長や議員、職員は団結して自分たちの生活費確保、特権維持・拡大のための「オシゴト」を続けている。そしてこの「オシゴト」は法律や条令、規則で守られている。そしてコレ(法律や条令、規則)を決めているのは、これらによって守られているコヤツラ自身(市長や議員、職員)である。私は自分が議員になって、ようやくこの現実を知り、市民の生活が良くならない理由がよーくわかった。

市当局のチェックが出来ている議会など皆無で、ほとんどの議会が“OK議会”だ。<font size=5>“OK議会”は疑念じゃなくて現実だ!</font>

この現実を見て、知って、受け止めて欲しい。

« 『市議会に質す』桐生市議会はデタラメ議会代表選手 | トップページ | 桐生タイムス『桐生市議会に質す』(1)無記名投票 »

未分類」カテゴリの記事