2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« ヨコミネ保育体験記(3)横峯先生のでっかい愛情 | トップページ | ヨコミネ保育体験記(1)モチベーションの上げ方 »

2010年10月28日 (木)

ヨコミネ保育体験記(2)スイッチの入った娘

娘がヨコミネ保育園に入れていただいた当初、「みんなに配ってこい!」と横峯先生は風船ガムがいっぱいつまった箱を娘に渡した。「こうすれば友達とコミュニケーションが取りやすいだろ。」しかしその時は、お友達にひとつもガムをわたせずにそのまま帰ってきた意気地のない娘だった。

ヨコミネ保育園に混ぜていただいて、およそ1ヶ月になる。ヨコミネの子ども達のレベルには程遠いが、娘は積極的になり、たくましくなった。また、我慢強くもなったと思う。体を思いっきり使ってくるようで、毎日汚れて帰ってくる。お腹もペコペコ。だから、食が良い。パクパク食べる。また、時間があると三点倒立や片手横回転の連続まわり、スーツケースを跳び箱に見立てて飛んでみたり、ブリッジで歩く練習などをずっとしている。だから、帰ってきても汗だくだ。買い物に行くときは、ノートと鉛筆を持って買った物をノートにメモする。メモすると言っても、買う物の名前を私にテンテンで書くよう求め、彼女はそれをなぞる。書いていないものを買おうとすると、また「テンテンで書いて」と要求するので、買い物も時間がかかって大変だ。でも、いわゆるヨコミネスイッチが入ってきたやる気のある娘の姿がなにより、嬉しい。

« ヨコミネ保育体験記(3)横峯先生のでっかい愛情 | トップページ | ヨコミネ保育体験記(1)モチベーションの上げ方 »

未分類」カテゴリの記事