2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 『市議会に質す』(2)報告書未提出だったのは田島議員 | トップページ | 『市議会に質す』(3)ドアホウ議員を追放しよう! »

2010年10月25日 (月)

桐生タイムス『桐生市議会に質す』(2)視察報告

『桐生市議会に質す』- 2 - 視察報告
<font size=5>足利市はネットで閲覧できるのに</font>

 国保税引き上げが可決された3月桐生市議会本会議では、採決のあり方(無記名投票で、どの議員が賛成したか反対したかを、わざわざ不明確にした)のほかにも傍聴者から不満の声があがった。それは、採決方法を決めるため、本会議を休憩して議会運営委員会を開く際、傍聴者への説明が何もなかったからだ。休憩は1時間20分にも及んだ。幾井議長はこの点について「前例や慣例を参考に傍聴者への説明は行ってこなかったが、休憩が長時間にわたるケースでは傍聴者への説明も考えたい」と改善に前向きな姿勢を示している。
 「開かれた議会」を目指す桐生市議会には、取り組むべき課題が少なくない。市議の視察の報告書の閲覧。これを申し入れると「情報公開制度に基づく申請の手続きが必要」との回答で、市民感覚とのズレを感じた。
 市議の視察は、様々な行政課題について先進地を訪れ、市の行政施策に反映させるのが狙い。前年度は総計で465万円あまりの予算が視察に使われた。
 足利市では市のホームページで各常任委員会の視察報告書が掲載されており、いつでも読むことが出来る。参加者全員の報告書が2000字程度にまとめられており、興味深い。
 桐生市役所情報政策課で情報公開の申請手続きを取り、市議会常任委員会の視察報告書を読んだ。中には<font color="#ff0000">1ページにも満たない報告書もあった。さらに、4つの常任委員会のうち、ひとつの委員会は「報告書が全部揃っていない」という理由で閲覧できなかった。</font>
1年以上も前に行われた視察の報告書が提出されていないのはどういうことか。<b>緊張感がなさ過ぎる。</b>
 議会改革の「今後取り組む見込みのもの」として市議会は、「議員情報、議会情報の公開による公正、信頼の確保」を挙げる。政務調査費の公開もこの中に含まれるという。すみやかな全面公開、それが市民目線だろう。
--------------------(2010.10.19桐生タイムスより一部抜粋)------------

« 『市議会に質す』(2)報告書未提出だったのは田島議員 | トップページ | 『市議会に質す』(3)ドアホウ議員を追放しよう! »

未分類」カテゴリの記事