2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« これが議会制民主主義の実態です | トップページ | 次の市長選に立候補する予定 »

2010年10月19日 (火)

諸野脇先生が水戸様なら、私は角さん?

10月1日のブログでネット哲学者・諸野脇先生に『議員ブログ相談室:おしえて!諸野脇先生!』ということで、情報公開を拒む議会をどうするか相談しました。
『由紀日記』「議員ブログ相談室:おしえて!諸野脇先生!」
http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=542857&log=20101001

もちろんこれは、「こども電話相談室」をパロッたものであるが、まさか諸野脇先生がおつきあいくださるとは・・・正直たまげましたし、恐縮です。そして、その回答がアップされました。
-------------------------
諸野脇 正の闘う哲学
にわやま由紀議員は桐生市議会を引き続き「こらしめて」やりなさい(笑)
(←水戸黄門風に読んで欲しい。偉そうで恥ずかしいが。笑)
http://shonowaki.net/2010/10/post_105.html
 桐生市議会は「情報隠蔽」をしたいのである。それならば、どんどん「情報公開」をしてやればよい。それが彼らにとって一番痛いはずである。
 桐生市議会がにわやま由紀議員に「嫌がらせ」をしてくるのは、痛いところを突かれているからである。
----------------(中略)----------
 「ピンチこそチャンス」である。「議会中継中止」は端的に桐生市議会の「情報隠蔽体質」を表している。この事実をどんどん広めてあげよう。マスコミにも広めてあげよう。
 「政務調査費不正流用」の問題も同じである。佐藤光好議員は「アンプ」をどんな調査に使ったのか。不思議である。この事実もどんどん広めてあげよう。
 「セクハラ」の問題も同じである。どんどん広めてあげよう。また、「セクハラ」は労働環境の問題でもある。そちらから攻める手もある。
 次の事実を確認いただきたい。
 
   ● ブログの活用で阿久根市議会の「お掃除」が進む
   
 「政務調査費で温泉バスツアーに行った築地新公女議員」は落選したのである。やはり、有権者は見ているのである。
 事実をどんどん有権者に伝えよう。
 それが桐生市議会を「こらしめ」ることになる。
------------------(以上、ブログより一部抜粋)----------

・・・というご回答を諸野脇先生からいただきました。水戸様風・・・なんだか「こらしめてやんなさい」の後に流れるバックミュージック聞こえてきて、助さんになった気分です。ので、これからは助さんのようにバッサバッサと桐生市議会を「こらしめ」ていきたいと思います。そうそう。諸野脇先生、印籠を用意しておいて下さいね。よろしくお願いします。ありがとうございました。

« これが議会制民主主義の実態です | トップページ | 次の市長選に立候補する予定 »

未分類」カテゴリの記事