2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 「絶望的に哀しく楽しい」と評価された星野議員 | トップページ | 『市議会に質す』(1)全国ほとんど“OK議会” »

2010年10月25日 (月)

『市議会に質す』桐生市議会はデタラメ議会代表選手

ちょっと前に、とある記者さんから
「桐生市議会は、どうしてあんなんでしょうね(程度が低すぎるという意味で)」と率直に聞かれました。その時は、
「桐生市議会が突出してデタラメだと言うことではないと思います。全国同じようなデタラメ議会ばかりだと思います。でも、桐生市議会の悲劇は、私のような政治に対して全くのシロートが議員になって市民の感覚、お母さんの感覚でモノを言ったり書いたりして内部の情報が公開されたことだと思います。」と答えたが、この桐生タイムスの記事を読んで・・・訂正したい。

桐生市議会は、「無記名投票」が通例になっている。この点を近隣市と比較しても閉鎖性が強い議会であることが分かった。だから、余計に私のニュースソースになるタネがそこらじゅうに転がっており、それが暴露されるといちいちいちいちギイン達が「タイヘンダァ~」とバカ騒ぎをして、程度の低さがさらに露呈する、デタラメ議会格好の代表選手なのだと。

« 「絶望的に哀しく楽しい」と評価された星野議員 | トップページ | 『市議会に質す』(1)全国ほとんど“OK議会” »

未分類」カテゴリの記事