2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« つりはとっとけ | トップページ | メンタマくっついているだけの記者に言うこと無いわ »

2010年10月22日 (金)

大きな価値をもった「阿久根市議会リコール」

阿久根市議会リコールを申請 週明け署名開始へ
http://373news.com/modules/pickup/topic.php?topicid=143
(2010 10/22 12:45)

市議会リコールの署名集めに向け、申請文書を提出する実行委員会メンバー=22日午前11時16分、阿久根市役所 阿久根市の竹原信一市長を支持し、市議会解散の直接請求を目指す「市議会リコール実行委員会」(委員長・石沢正彰市議)は22日、リコールのための署名活動で最初の手続きとなる請求代表者証明書の交付を市選挙管理委員会に申請した。週明けに交付され、署名集めを始める見通し。
 署名収集期間は1カ月以内。有効署名が有権者の3分の1(約6700人)以上と確定すれば、実行委はリコールを本請求し、60日以内に住民投票が実施される。過半数が賛成すれば市議会は解散となり、40日以内に出直し市議選が行われる。
-------------------(以上、ネットニュースより一部抜粋)-----

 議会、議員リコールの話は随分前からあった。が、様々な経緯の中で、それが実現できなかった。もっと早くにやっていればとも一時思ったが、その時実現できなかったからこそ、「専決」という宝刀があることを発見し、市民のための決断を断行。専決の断行につづく断行によって政府をも揺るがし、首長の権限や議会のあり方、地方行政の責任の所在などについて大きな問題提起ができた。その後、竹原市長によって既得権益が奪われた、また今後も奪われる可能性の高い強欲な者達によって、市長リコール運動とその後のむちゃくちゃな署名収集活動が展開された。そして議会は多数決という数の暴力でどうにでもできることを証明した市長派議員に対する懲罰。

 やはり、これら一連の出来事があるからこそ、市議会リコールには大きな価値が出てきたと思う。

機は熟したと思います。市民のための自治をゲットしにいきましょう!

« つりはとっとけ | トップページ | メンタマくっついているだけの記者に言うこと無いわ »

未分類」カテゴリの記事