2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 阿久根の方向転換?対立を恐れた選挙対策(2) | トップページ | 定数、日当、政務調査費、費用弁償のアンケ結果 »

2010年10月 4日 (月)

阿久根の方向転換?対立を恐れた選挙対策(1)

阿久根に行ってきた。

阿久根に出かける日の南日本新聞朝刊に「張り紙はがし懲戒免職 阿久根市上告せず 敗訴」の文字が踊っていた。やっと、ささくれだった気持ちがちょっとだけど落ち着いてきた時に・・・コレ↓である。神様は、どうも私を怒らせたいらしい。
-----------------------------
張り紙はがし 市、上告せず敗訴へ
 阿久根市の竹原信一市長が庁舎内にヶ辞した職員人件費の貼り紙をはがし、懲戒免職処分を受けた男性職員(46)=8月復職=が処分取り消しを求めた訴訟で、一,二審とも敗訴した市側は30日、上告しないと発表した。副市長の仙波敏郎氏は「上告の要件は厳しく、門前払いされることをすべきではない。市長に具申し、市長が決めた」と説明。ただ、処分を懲戒戒告に修正した市公平委員会の判定には不服があるとして、再審の手続きを検討すると述べた。
 職員は「ほっとしたの一言。裁判のことを考えずに済む」と話した。処分の効力停止を命じた昨年10月の鹿児島地裁決定によって復職したが、免職になった昨年7月末から地裁決定まで約2ヶ月半の給料は未払いのまま。
 免職取り消しは今年4月、鹿児島地裁が命じ、福岡高裁宮崎支部は9月17日、市側の控訴を棄却した。上告期限は10月1日だった。
--------------------(南日本新聞2010.10.1より)----------

阿久根に行って、市民との懇談会を傍聴したり、いろいろな立場の違う阿久根市民の方々から意見を聞いてきた。また、週末だったこともあり、阿久根の動向に関心のある他市の人たちとの情報交換、意見交換もできて大変有意義でした。時間は短かったけれど、いっぱい話が出来たのが、なにより嬉しかったです。

お魚も焼酎もつけあげもおこのみやきもおしかったし。

« 阿久根の方向転換?対立を恐れた選挙対策(2) | トップページ | 定数、日当、政務調査費、費用弁償のアンケ結果 »

未分類」カテゴリの記事