2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 阿久根の方向転換?対立を恐れた選挙対策(1) | トップページ | 桐生市議会議員「人気」「不人気」アンケート決勝戦! »

2010年10月 5日 (火)

定数、日当、政務調査費、費用弁償のアンケ結果

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/ank-3.jpg">

■<b>『桐生市の議員定数</b>は15人くらいで良いという回答が多い。現在の桐生市議か議員の定数は31人ですから、半分以下で良いということでしょう。私は、地方議会の存在そのものに疑問がありますが、法律上無ければいけなものなら、議長と多数決の出来る3人、併せて4人で十分と思っています。ま~妥協に妥協して、<b>12人以下</b>。『地方自治法』というヘンテコリンな法律がありますが、これによると12分の1以上の賛成者がいないと条例、動議などの提案さえ出来ません。議員の活動を制約する数が『12』です。であるならば、議員がそれぞれの責任で自由に仕事が出来るようにするためには12人以下が適当と思います。

■<b>議員報酬の日当制</b>については<b>80%の人が賛成</b>です。これは実行すべきでしょう。そうでしょ?議員諸侯の皆さま。だって選挙の時は「市民の皆さまのために!」って言ってるんですから。

■<b>政務調査費も必要ない</b>という声が多いです。これも、廃止しましょう。市民の皆さまの声を反映しましょう。

■<b>費用弁償</b>については<b>実費計算が当然</b>という声が90%を超えています。当然、実費にしましょう。

市民の皆さまの声を反映しましょう!ね、議員諸侯の皆さまサン!

明日から神戸あたりで、費用弁償で計算されて出される『お小遣い』で飲むのかな?くれぐれも、瀬戸の花嫁をバックミュージックに卑猥なダンスをしないように。そうそう。桐生では河原井議員の卑猥なダンスが話題ですが、その他にも、裸踊りをした議員を見たことがあるという人にも会いました。みなさん、芸達者なんですね。

« 阿久根の方向転換?対立を恐れた選挙対策(1) | トップページ | 桐生市議会議員「人気」「不人気」アンケート決勝戦! »

未分類」カテゴリの記事