2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« ゴミの資源化日本一・志布志市(3) | トップページ | ゴミの資源化日本一・志布志市(1) »

2010年11月 7日 (日)

ゴミの資源化日本一・志布志市(2)

志布志では生ゴミは週に3回回収される。生ゴミはしっかりふたのできるポリバケツに各家庭から集められ、朝回収車が回る。そしてそのバケツが汚れている場合は、おかくずでふき取っていくので、いつも清潔。万が一ポリバケツが汚れている場合はバケツ自体も回収され、ゴミを機械に投入した後ポリバケツをきれいに洗浄している。

ゴミ処理場では、庭や山、街路で伐採された木材原料を大きな機械で粉々にする。
<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/gomi1.jpg">
これはゴミではない。堆肥を作る「原料」である。

これと生ゴミを粉々にしたものに、乳酸菌液(糖蜜、塩、水、ヨモギの汁を混ぜた液体)とよばれるものを噴霧しながら混ぜ合わせる。
<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/gomi2.jpg">
確かにあまり臭わない。ヨモギの汁の効果か?

こうすることでにおい消しになるという。これを2~3ヶ月熟成させると『循ちゃん』とよばれる堆肥ができる(ちなみに、隣の大崎町では『環ちゃん』という堆肥を作っているらしい。「ヤンボー、マーボー」みたいでかわいい)。年間420トンの堆肥が出来、5キロ100円で販売し、市民から好評で完売している。売れない怪しい堆肥を“こっそり”配布してるどこかの市とは全く違う・・・。

*ちなみに、地域には“こっそり堂”というのがある。いわゆるアダルトものを販売しているらしい小屋。最近、“こっそり”という言葉が妙に卑猥に聞こえます。

« ゴミの資源化日本一・志布志市(3) | トップページ | ゴミの資源化日本一・志布志市(1) »

未分類」カテゴリの記事