2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2010.11.24建設委員協議会(1)市民の声は残さない | トップページ | そう!。問責やったり決議出したり。議員って暇です! »

2010年11月26日 (金)

メール紹介:「議事録に残せ!」

参考人招致であろうと請願者の説明であろうと、市民の声はきちんと残すべきです。遠方の方からもメールをいただきましたので紹介します。

----------------------

委員会への参考人招致のブログを拝見しました。わが市でもかなり昔ですが、参考人招致がありまして(今はしてくれません)平成11年です。その議事録を読みましたところ、議員が参考人を「寄ってたかって吊るし上げ」状態でした。請願内容が「議員定数の削減を求める請願」だったことからでしょうけどね。団体請願だったので、その自治連会長が呼ばれ、議員の質問に答えているのですが、小さいことをネチネチと、読んでいて参考人がかわいそうになってきてしまいました。「取り調べ」みたいでした。しかし、それでも議事録に残すことはとっても大切なことです。どのような招致であっても、記録に残さなければ、市民に不利益が生じます。もっとも、議会は「市民の不利益」など考えていませんよね。「議員の利益」だけでしょうね。今後も参考人招致のときには、必ず「議事録に残せ!」を言い張ってくださいね。市民のために。

-----------(以上、メールより一部抜粋)-----------

議会は多数派議員の都合に良いようにいくらでも好き放題にできます。議会制民主主義という多数決の暴力によって。

踏みにじられる市民の声をそのまま踏みにじませておく訳にはいきません。ひとりひとりが声を上げていきましょう。ブログへの投稿、新聞各紙への投稿をおすすめします。黙っていたら、声は届きません。黙っていたらおかしな社会を維持する一助にしかなりません。デタラメな社会を子どもたちに渡すわけには生きません。正直者が馬鹿を見ない、公平で公正な、私たち市民のための社会を作りましょう!一緒に頑張りましょう!

« 2010.11.24建設委員協議会(1)市民の声は残さない | トップページ | そう!。問責やったり決議出したり。議員って暇です! »

未分類」カテゴリの記事