2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« “やねだん”の本気:補助金をあてにしない村おこし | トップページ | 肝付町の『えこふぁーむ』:耕作放棄地を開墾するぶた »

2010年11月16日 (火)

肝付町の『えこふぁーむ』:ぶたはすばらしい!

これを食したいなら、『えこふぁーむ』が経営している“森小休(しんこきゅう)”でどうぞ。ランチなら1000円でちょっとしたコースが楽しめます。
<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/eko-6.jpg">
レストラン外観。手前の柵の中ではかわいい子豚が飼われています。左手の方はホテル。洒落ています。

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/eko-1.jpg">

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/eko-8.jpg">

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/eko-9.jpg">
1000円ランチ。お洒落でとっても美味しい【要予約】

桐生と合併した新里町は、養豚業がさかんな地域でもあり、また耕作放棄地の問題も抱えている。肝付町の『えこふぁーむ』の手法を是非参考にしたい。

ぶたは、耕作放棄地開拓にも、地域興しにも、物質循環にも、食の安全にも有効。すばらしい!

【参考】レストランホテル 森小休
http://www.shinkokyu.net/

« “やねだん”の本気:補助金をあてにしない村おこし | トップページ | 肝付町の『えこふぁーむ』:耕作放棄地を開墾するぶた »

未分類」カテゴリの記事