2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« メール紹介:議員に対する一般質問不許可に思う(1) | トップページ | 桐生報道TVNo.6 »

2010年12月29日 (水)

メール紹介:「政務調査費廃止」より“議員報酬廃止”

遠方の方よりメールが来ましたのでご紹介。

---------------------
「政務調査費廃止」について一言

僕は政務調査費を廃止する必要はないと思います
廃止すべきは「議員報酬」です
だって、庭山議員が発信している桐生市議会の情報を見る限り、およそまともな議員なんていないじゃないですか
これほどお粗末な議会でも、おそらく年間数億円の経費かけてるはずです(銚子市では、今年度2億5000万円強でした)
まったく、税金をドブに捨てているようなものではありませんか?

議員報酬を0にする代わりに、議員定数を法定数目一杯にしましょう
無駄な議場も要りません
議論(実質的な議論なんて無いけど…)は随時ネット上で公開で行いましょう
そうすれば速記要員も要りませんし、テキストに起こす必要もありません
議論がダイレクトに住民に伝わります

ホントはね、僕は市議会自体必要ないと思ってます
これだけインターネットが普及して、掲示板やら何やらが花盛りなわけですから、二元代表制なんて20世紀的なシロモノに替えて、末端自治体レベルは直接民主主義の方がいいじゃないかと、かように思うわけです
でも、日本の場合、法や制度は常に周回遅れで整備されて来てますし、憲法をいじるのも厄介なんで、次善の策で「議員報酬廃止」「定数満杯」「政務調査費支給」を提案しときます
---------(以上、メール)-----------

あはは。彼らはもっとギョッ!としているかもしれませんが、それもありですね~。いいかも~。

どういう議会が今の時代にマッチするスタイルなのか、市民のため、未来のための行政体になるのか、いろいろな方法を考えてみるのも楽しいですね。

« メール紹介:議員に対する一般質問不許可に思う(1) | トップページ | 桐生報道TVNo.6 »

未分類」カテゴリの記事