2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« やったね!桐生市議会、ニホンイチ! | トップページ | メール紹介:議員に対する一般質問不許可に思う(2) »

2010年12月29日 (水)

お手紙紹介:『今の桐生市議会には腹が立つ』

新聞に投稿したのに載らなかった・・・。過日の議会で私に一般質問をさせなかったことを巡って、いろいろな方が新聞などに投稿してくださったようです。が、「載らなかった」というお電話やファックス、お手紙、メールをいくつもいただいています。そのうちのひとつを紹介します。

-----------------------
『今の桐生市議会には腹が立つ・・・。』

そうでしょう。市議会議員になると、議員報酬のほかに、政務調査費が、別に支給される。それについては全く問題ない。規則だから仕方ない。
でも、けしからん。ナゼけしからんと申しますとコウである・・・
 議員は、自らの生活用品にほとんど企てる。いや、使っている。 
 要約すればコウです。各紙の新聞だったり、議会に関係のない必要のない(二十四の瞳&ためしてガッテン)ブック本だったり、コピー・リース代修理代だったり、イチイチあげたら限もない。どの子も直ぐ分かるような矛盾だらけ。それら、経緯を今回、庭山議員が一般質問で指摘しようとしたら待ったが罹る『議会を混乱させるおそれ』ありと。幾井俊雄議長が、委員の意見を聞いた上で拒絶した。コレは無い。いや、あった。桐生市議会はとんでもないところです。あきれてものも言えない。情けない。話をこじつけるでもないが、異なり桐生市議会には大人のいじめが存在していました。ホントウです。ウソではありません。皆さん一度桐生にきて議会の(税金ドロボウ&ドロ舟)茶番を傍聴してみてください。事実が証明します。
-------------(以上、お手紙より)----------

政務調査費は、「支給することが出来る」ものであって、『支給しなくてはいけない』ものではありません。政務調査費が支給されていない自治体もいくつもあります。私たち議員は報酬をもらっています。報酬で議員活動は十二分に出来ます。なぜなら報酬の金額も、桐生市民の平均所得が270万程度なのに、800万円。これほどの金額をいただいているのです。政務調査費は報酬の二重取りであることを、桐生市議会は証明しました。

<font size=5 color="#0000ff">政務調査費を廃止しましょう。</font>

« やったね!桐生市議会、ニホンイチ! | トップページ | メール紹介:議員に対する一般質問不許可に思う(2) »

未分類」カテゴリの記事