2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 総務省記者クラブって桐生市議会にそっくり(2) | トップページ | 桐生市議会と詐欺師の類似点発見! »

2011年1月 6日 (木)

総務省記者クラブって桐生市議会にそっくり(1)

昨日、記者会見の生中継を巡り、総務省記者クラブとフリーランス記者がバトルしました。

以下、それを上手にまとめた記事
----------------
【記者会見の生中継をめぐり、総務省記者クラブとフリーランスが激突】
筆者 - 寺澤有

2011年 1月 06日(木曜日) 06:50
 「総務省記者クラブの許可がなくても、片山善博総務大臣の記者会見をインターネットで生中継することが、国民の知る権利に役立つ」
 そう判断して、フリーランスの畠山理仁(はたけやま・みちよし)さんは、1月5日の片山大臣の記者会見をインターネットで生中継した。
2011年01月05日片山善博総務大臣記者会見(全部)
http://www.ustream.tv/recorded/11824836
 さらに、畠山さんは片山大臣との質疑応答で、「1年も前から総務省記者クラブに対し、生中継を許可してほしいと申し入れているが、ずっと、『検討中』。実は、今、生中継を行っている」と発言。総務省記者クラブ幹事社の共同通信社の藤田康文さんが「記者会見は、記者クラブに主催権がある」とクレームをつけると、フリーランスの田中龍作さんが「記者クラブが1年間、ほったらかしにするから、こうなった。ジャーナリストでありながら、ジャーナリストの知る権利を奪うなんて、恥ずかしいと思わないのか」と激しく応じた。
 片山大臣は筆者の質問に対し、「記者会見は公人の義務」としながらも、「記者クラブに招かれて来ている」「国民のみなさんから『来い』と言われても、行けない」「記者クラブだけに対応するのは割り切り」などと、従前、裁判所も含む官庁がとってきた「記者会見は記者クラブに対する便宜供与、サービス」という姿勢と、さほど変わらないものを見せた。記者会見で片山大臣は「記者クラブとフリーで、よく話し合ってください」とくり返し、自ら問題を解決しようとはしなかった。
----------------(以上、THE INCIDENTS インシデンツ 正式オープン準備版より一部抜粋)--------
http://www.incidents.jp/news/index.php?option=com_content&view=article&id=183:2011-01-05-21-36-24&catid=1:2010-05-12-10-05-34

« 総務省記者クラブって桐生市議会にそっくり(2) | トップページ | 桐生市議会と詐欺師の類似点発見! »

未分類」カテゴリの記事