2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 警察の調査も入っている桐生市議会(2) | トップページ | 第8回桐生報道TV 検証 佐藤光好議員 »

2011年1月 8日 (土)

警察の調査も入っている桐生市議会(1)

会派に属さず、私が徹底的に力を入れてきたのは、情報公開。
ブログやチラシ、ハガキによる議会と行政の情報公開をしてきました。
例えば、退職債、職員と民間の給与格差、行政協力員の報酬、天下りの実態、子育て日本一に逆行する学校の統廃合問題、補助金不正支給疑惑、民営化されたはずの市場に多額の補助金などが支給されている問題や無計画な土地購入や建設が市民負担になる問題などを指摘。また、談合、多数決の八百長議会の実態を公表し、議員の既得権益(議員の報酬、期末手当、政務調査費、視察費、費用弁償の内訳と実態の公表)や政務調査費の不正請求問題などを追求し公表。議会と行政を震撼させてきました。

その結果、本会議中のトイレ退席議員と執行部職員の居眠りを激減させ、職員の勤務時間中の給料引きおろしを止めました。また退職債の金額が減額され(でも他で借金をしている)、また天下りをしない職員がでてきた。市議会の中でブログブームを巻き起こし、議会に緊張感を与えました。

私の容赦ない情報公開によって追い詰められていった桐生市議会は、言いがかりや意味不明の問責や懲罰で対抗してきました。その内容は、
1回目の問責は、「予算・決算審議を議員全員ですべき」という庭山の発言は、『他の議員の名誉を傷つけた』。
2回目の問責は、国保値上げ案の採決前に市民に隠れてコソコソと談合。そして無記名投票という無責任な採決で可決。また本会議中の執行部職員の居眠りを指摘(市長も議員も居眠り)し、「こういう議会を八百長議会と言う!」と言った私に対して、『議会の名誉を傷つけた』と問責。
昨年の6月議会では、市民の生活とは全く関係のない揚げ足取りばかりの議会に反抗したため出席停止の懲罰(どうどうの有給休暇か?)を食らい、同年9月の議会では、セクハラ議員、政務調査費の不正請求を議員の実名を挙げて指摘したことが原因で、『個人の名誉を傷つけた』と庭山ワルイヤツ決議を多数決で議決。

« 警察の調査も入っている桐生市議会(2) | トップページ | 第8回桐生報道TV 検証 佐藤光好議員 »

未分類」カテゴリの記事