2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 忘れられない事件(5)きれいな車中と『5行の遺書』 | トップページ | 忘れられない事件(3)近藤議員だった! »

2011年3月 7日 (月)

忘れられない事件(4)医師のみたもの私のみたもの

その後、近藤議員は自殺と言うことで地元紙と全国紙の地方版に小さく記事になっただけだった。

後日、通夜に参列。帰り道の途中、近藤議員と共通の友人の医師から電話があった。

医者:庭山さん、一体何があったの?
庭山:私も何があったのか、分からないんですけど。
医者:ちょっと時間ある?
庭山:ええ。

ということで、ママトモ3人と医師とその運転手6人でとあるイタリアンレストランの個室で話をした。

そこで、私が一連の話をした。医師はうんうん・・・と聞きながら言った。

医師:もう、コンチャン(近藤議員の通称)が亡くなったって聞いてびっくりして、聞いたら庭山さん家の近所だっていうじゃない。もう、なにがあったのかわからなくなっちゃったよ。でも、今話を聞いて、状況が分かったよ。
庭山:ありがとうございます。いろんな風評が流れているみたいで、私も困っているんですけど。
医師:ホントだよね。私はコンチャンが亡くなった一報を聞いて、コンチャン家に電話して、仕事が終わってから縫合セットもってコンチャン家に行ったんだよ。遺体はもう家にあったんだけど、動かすと出血しちゃう状態だって奥さんが言うから。医師である僕に出来ることは縫合くらいかと思ってね。で、コンチャン家で縫合したんだけど、首が両側切れていてね・・・。侍だって切腹するとき死にきれないから介錯人っているんだけど、片方切ってもう片方切ってできたら・・・サムライ以上だよね。すごい血が出たと思うよ。

« 忘れられない事件(5)きれいな車中と『5行の遺書』 | トップページ | 忘れられない事件(3)近藤議員だった! »

未分類」カテゴリの記事