2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 赤いシリーズ No.8 ただいま配達中♪(゚▽^*)ノ⌒☆ | トップページ | 忘れられない事件(5)きれいな車中と『5行の遺書』 »

2011年3月 7日 (月)

忘れられない事件(6)わすれない

今日は、近藤議員のハリのある質疑の声を聞いて、近藤議員の事を思い出し、思わずこれを書いていた。近藤議員は議会の中で、本当のことをストレートに言い過ぎる私を心配して、「由紀ちゃん、そんなこと言っちゃダメだよ」「いろいろ事情があるんだよ。分かってくれよ」そういって、声をかけてくれた貴重な先輩議員だった。

近藤議員:由紀ちゃん、ブログにあんな事書いているけど、こういう事情もあるんだよ。
庭山:そう思うのでしたら、近藤さんもブログを書いたら良いじゃないですか。
近藤議員:それもそうだな。
庭山:ここのページからこうやると、さるさる日記ができるんですよ。

近藤議員は、翌日からブログを始めた。後に、数名の議員もブログを始め、ちょっとしたブログブームになった。近藤議員と私は立場も見解も全く異なっていた。にもかかわらず、近藤議員はブログを書いている桐生市議会議員を全員、自分の「お気に入り」に登録していた。議会や議員に批判的な私のブログも紹介してくれていた。そういう人だった。

近藤議員は自殺などしない。愛する大切な家族をおいて、死ぬなんてありえない。そんな無責任な人ではない。もっと、人情味のある親分肌の人だ。

今ここに、書けない事も、実はある。が、それを書くと困る人がいるので、書かないが、別の場所に情報としてプールしてある。

私が警察を信用しないのは、この一件からである。

「オレが自殺かよー?!ったく、まいったなー」そんな声が聞こえてきそうだ。

« 赤いシリーズ No.8 ただいま配達中♪(゚▽^*)ノ⌒☆ | トップページ | 忘れられない事件(5)きれいな車中と『5行の遺書』 »

未分類」カテゴリの記事