2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2011..9全員協議会・午前の部(1) | トップページ | 桐生市議会カイハ一覧表 »

2011年5月10日 (火)

メール紹介:全協での提案に拍手

メールをいただきましたので紹介します。

--------------------------
庭山さんの全協での発言に、新人議員は目を白黒させていたのではないでしょうか?(笑)もしかすると~政調費がもらえなくなるかもぉ~と心配したり、バッジも買うのぉ~?・・・と心配したり、そして、どうして庭山議員は議員なのに「議員特権」を廃止しようとするのかな?と思うでしょうね。議員になると、とたんに「市民感覚」を失う議員が多いのですから。

わが市でも、会派は二人から認められるため、一人では議運の委員にもなれないで、議運の部屋に入っても「委員外議員」でもなくて、オブザーバーでもなく、単に「傍聴者」みたいな扱いです。

庭山さんは議会事務局からの書面をメールで送ってほしいとのご希望ですが、わが市のようにPCも出来ないような議員もいるかもしれないのでしょう。 

庭山さんご指摘のように「会派の無い議会」が理想ですよね。だって市民は「会派」に投票したわけじゃなくて、「にわやま由紀」という候補者に投票したのですからね。会派拘束の中で議案に賛成や反対をされては困ります。市民の多くはご自分が投票した候補者がどこの会派に所属するかなどを考えて投票をしているとは思えません。
------------(以上メールより 一部抜粋)----------------

政務調査費でコンピュータを購入したり、ネット使用料金を請求したりしていますから、当然PCは使えると思います。

カイハは本当に、デタラメ地方議会の諸悪の根源と思います。選挙の時はカイハに投票したわけではないのに、当選したとたんカイハを組む。そして選挙時に言っていたことと異なる賛否をしても、「カイハで言われたので」などとカイハのせいにして逃げる。また議案賛否についてはカイハで指示が出るため、議案の勉強をしなくてすむ。何の努力もしないで指示どおりに賛否表明をしているだけのくせに「オレのおかげでこの議案は通った」「議会は多数決だからねー」と長いものに巻かれながら威張りやがる。「加えて○○委員会のイインチョーや副イインチョウーになれる。すると「イインチョーや副イインチョーは意見が言えないんだよね」などとこれまた審議放棄の理由とし、小学校などで“長”のつく仕事をしたことがないのか「イインチョーさん」などと呼ばれると「オレってビッグ」みたいに浮かれる勘違い野郎が出没する。

ええかげんにしてほしい・・・。

カイハなんていらない。百害あって一利なし。あ~。カイハなくなっちゃえばいいのになぁ~。

« 2011..9全員協議会・午前の部(1) | トップページ | 桐生市議会カイハ一覧表 »

未分類」カテゴリの記事